ヒフミドでかゆみは治せる?

ヒフミドでかゆみは治せる?

肌のかゆみは乾燥によるもの

実は乾燥していると、肌にかゆみが生じるようになります。
肌が乾燥してしまうと、肌のバリア機能がなくなります。

 

バリア機能がなくなってしまうと、肌は外部からの刺激にさらされてしまいます。
菌やウイルスが入りやすくなるので、かゆみを引き起こしてしまいます。

 

化粧で肌が荒れたり、かゆみが生じたりするのも乾燥が原因です。

 

化粧品の成分によっては、肌に合わずに炎症を起こすこともありますが、いつも使っている化粧品でかゆみが起きた時は乾燥によるものです。

 

バリア機能が低下してしまうと、肌に潤いを保つことができなくなります。
そのため、乾燥をより強めてしまいます。

 

乾燥が悪化してしまい、常に悪循環に陥ってしまいます。
冬にかゆみが生じるのは、肌が乾燥している証拠です。

 

乾燥対策をすることで、かゆみを治せます。

 

 

 

ヒフミドで乾燥を防げる

ヒフミドは、セラミド配合の化粧品のため、乾燥を防いでうるおいを与えます。
そのため、ヒフミドを使うとかゆみを治せます。

 

ただ、気をつけなければならないのが、ヒフミドで治せるのは乾燥によるかゆみだけです。

 

乾燥からの悪化で、湿疹ができたり、炎症を起こして薬で抑えなければならなかったりする場合は、ヒフミドだけでは抑えられません。

 

ヒフミドはあくまでも根本的な肌の乾燥を抑えるものだということを覚えておきましょう。
炎症が起きたら、皮膚科で見てもらうのが一番です。

 

皮膚科で適切な処置を受けながら、ヒフミドで内側の保湿をすれば、乾燥を防いでかゆみを緩和してくれます。
乾燥を防いでくれるセラミドの成分は、高い保湿力を持っています。

 

乾燥によって失われた肌のバリア機能を守る効果と、内側の水分保湿を行う効果があります。
ヒフミドにはセラミド1、セラミド2、セラミド3、とセラミド成分がたっぷり配合されています。

 

セラミド1は水分保湿とバリア機能を保つ効果があり、なめらかな肌へと導いてくれます。
セラミド2は、セラミドの中でも高い保湿力を持っています。

 

セラミド3は、セラミド2と同様の効果を持っています。
それぞれ高い保湿力を持った成分が3つも配合されているので、保湿力が3倍あるということです。

 

乾燥した時、様々な化粧水やクリームで保湿をされているでしょう。
現在それらを使っても、かゆみが生じたり、乾燥していたりすると感じているのであれば肌の水分量が足りていません。

 

セラミド配合のものを利用し、内側からしっかりと保湿する必要があります。

 

⇒【花柄バッグ付き】ヒフミド公式サイト限定特別価格キャンペーン開催中!


page top